2018年06月26日

野天湯元・湯快爽快・ざま


最近の「マイブーム」は日帰り温泉です。
なのでまた、出かけてみましたよ。
今回、訪れたのは
神奈川県座間市にある温泉
「野天湯元・湯快爽快・ざま」です


野天湯元・湯快爽快・ざまの外観
野天湯元・湯快爽快・ざまの外観 posted by (C)ルンちゃん


こちらに来たのは初めてで、
正面から入ったので、駐車場が一箇所しか見えず、
思ったより狭いな〜と感じたのが、
第一印象でした。でも後で見たら
裏側にも駐車場があって
車で来ても大丈夫だと確認しました。


野天湯元・湯快爽快・ざまの入口
野天湯元・湯快爽快・ざまの入口 posted by (C)ルンちゃん


館内に入って2階に上がると、
リラクゼーションルームとか、
無料休憩室とかがあって、その奥に行くと
お食事処とお風呂場があります。


浴室は思った以上にいろいろな浴槽があって、
季節風呂や高濃度炭酸泉・電気風呂などありました。
水風呂が少し大きくて、サウナももちろんありましたよ。


でもこちらの大きな特徴は野天風呂ですね
どどどと流れる滝湯があったり、
色のついた源泉の湯があるのです。


こちらの温泉の泉質は、ナトリウム塩化物、
炭酸水素塩温泉、低張性弱アルカリ性温泉です。
平均温度38.6度のぬるいお湯ですが、
一箇所はそのままの温度で入ることもできます


冬だと冷たく感じるのかも知れませんが、
今の時期ですと、気持がよくて、
ずっと入っていたくなります。


熱いお湯に入りたいと思ったら、
その源泉を加温した「あつ湯」があるので
そちらに入ってみるのもいいですよ。


こちらの源泉は赤黒いのが特徴です。
函館や都心で入る「赤湯」とは、また違った
濃い色の温泉で、匂いも少し特徴があるみたい。
今まで味わったことのないお湯でした。


でもそれが、とても効能がありそうで、
ずっと入っていたいお湯なのです。
人も少なかったので、温泉を独り占めした感じで、
そんな所も気に入りました


そしてお風呂から上がった後は、
いつもの通り、お食事で楽しみます。
ここのメニューは、とても豊富なんですよ。


ごぼうのフライ
ごぼうのフライ posted by (C)ルンちゃん


ごぼうのフライから始まって、
鮎の塩焼きでしょ、鳥皮でしょ、
一口フライでしょ、そしてシチューなど
存分にいただきました。


アユですね
アユですね posted by (C)ルンちゃん

皮のフライ
トリ皮のフライ posted by (C)ルンちゃん


それでも食べきれず、他にも
食べたいものがいろいろあったし、
あのお湯にもまた入りたいな〜と思ったので、
また来てみるつもりです


一口フライ
一口フライ posted by (C)ルンちゃん

シチューもあります。
シチューもあります。 posted by (C)ルンちゃん


こちらをクリックすると
HPにいかれます ⇒ 野天湯元・湯快爽快・ざま
神奈川県座間市広野台1−48−25

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る

posted by ルンちゃん at 13:22| Comment(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする