2018年03月04日

足利七福神 その2


はい、本日も引き続き、
「足利七福神めぐり」のお話です
「足利七福神めぐり」のコースは、こちらです。

1.鑁阿寺(大黒天)−2.心通院(寿老人)−

3.本城厳島神社(明石弁天)−4.長林寺(福禄寿尊)−

5.西宮神社(恵比寿神)−6.常念寺(毘沙門天)−

7.福厳寺(布袋尊)



前回は「本城厳島神社」までお話しましたので、
今回は「長林寺」からですよ。


4.長林寺(福禄寿尊)
西宮町2884

文安5(1448)年足利長尾家の菩提所として
初代景人が創建したお寺です。


長林寺は江戸中期に建てられた
といわれる山門が立派です。


長林寺の立派な山門
長林寺の立派な山門 posted by (C)ルンちゃん

福禄寿尊はこちらです
福禄寿尊はこちらです posted by (C)ルンちゃん


ここまではどちらかといえば、
平地みたいな場所だったので
難なく来られました。でも、
西宮神社の階段を見た時は、
チョッとビックリしました。


とにかく階段を上ると、また階段
という感じなのです。


西宮神社(恵比寿神)
西宮神社(恵比寿神) posted by (C)ルンちゃん


途中階段を上らないで
坂道を通って来る方法もありましたが、
それでも結局最後には階段となるので
途中から階段で上まで行きました。


お堂には恵比寿様がいらっしゃいました。
お参りをして、お振る舞いの甘酒を
いただいて、しばしホッと一息。


階段を上っていくと
階段を上っていくと posted by (C)ルンちゃん


再び元来た道を戻ります。
でも今度は下りなので、
比較的ラクでした。


5.西宮神社(恵比寿神)
西宮町2931

昔は、足利五箇村栗崎鎮守恵比寿宮
といわれていた場所です。
慶長8(1603)年に代官の
風祭太郎左衛門が、領地繁栄の為に
攝津国西宮神社に勧請し
創建したといわれています。


6.常念寺(毘沙門天)
通7丁目3094
時宗の開祖である一遍上人が、
熊野本宮に参籠して神勅を感得し、
立教開宗したと伝わっています。


常念寺
常念寺 posted by (C)ルンちゃん


この辺まで来ると、
町中という感じです。
あと一つ巡れば終わりなので、
皆の足取りも軽い(かな?)


7.福厳寺(布袋尊)
緑町1丁目3270

寿永元(1182)年藤姓足利四代目
忠綱が母の菩提と父の俊綱の供養の
ために創建したといわれるお寺です。


福厳寺
福厳寺 posted by (C)ルンちゃん


足利義兼公と時子夫人の守り本尊である
子安観音と、セキ地蔵尊が祀られています。
ご本尊の釈迦如来像は足利市重要文化財に
指定されています。


これで七福神すべて巡りました。
ちょうど西側の七福神をぐるりと
廻った感じでしょうか。


先にお伝えした通り、
足利七福神は全部で12カ所あります。
全部巡ると東側にもありますから、
かなりの距離がありそうです。


今回は徒歩コースで巡りましたが、
バスでゆっくりとか、マイカーで
巡るとかいろいろできそうですね。


どうぞあなたが巡る時にも
いろいろと調べてみて下さい。
きっとあなたに合うコースが
あるはずです。


私もいつか機会を作って
今回行かなかった場所にも
行ってみたいと思います

足利七福神めぐり色紙
足利七福神めぐり色紙 posted by (C)ルンちゃん


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^(ルンちゃん)
 
新選組のチョッと話 トップページに戻る
【関連する記事】
posted by ルンちゃん at 22:29| Comment(0) | 足利(2018) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする